【限定】UberEats2,000分クーポンコード発行中

【目安公開】UberEats(ウーバーイーツ)で現金払いの場合、配達パートナーはどうするの?

こんにちは。ひろです。

今、人気のフードデリバリーサービスUberEats(ウーバーイーツ)

そんな、UberEats(ウーバーイーツ)で現金払いをする場合、注文者の支払い方法や、UberEats(ウーバーイーツ)配達パートナーは現金払いにどうやって対応すべきか?

このあたりをご紹介します。

これから配達パートナーをやろうとしている人や、現金で注文したい方は参考にしてもらえると嬉しいです。

\UberEatsならスキマ時間で稼げる!

配達パートナー登録はこちら

時間・場所を自分で調整できる!
週単位での振り込みで安心!

UberEats(ウーバーイーツ)の支払い方法

もともとは大阪の一部エリアのみでしたが好評だったため、すべてのエリアで現金払いができるようになりました。

そのため現在の支払い方法は下記の通りです。

  • 現金
  • クレジットカード
  • デビットカード

クレジットカードはVISA、MasterCard、アメリカンエキスプレス、ダイナースなど各種クレジットサービスが利用できます。

LINEpay、PayPay、d払い、メルカリペイなどのQR決済に対応してるか?

suica、PASMO、ICOCAなどの交通系決済や、PayPay、d払い、メルカリペイなどのQR決済は2019年11月現在では対応していません。

LINE Payは2019年12月20日より利用できるようになりました。

UberEats(ウーバーイーツ)のクーポン

UberEats(ウーバーイーツ)はお得に利用できるクーポン(プロモーションコード)を配信しています。

【当サイト限定】

2000円割引クーポンプレゼント中!

eats-iejyzf

クーポンコードをコピーする

 

上のプロモーションコードを入力するとUberEatsの初回料金がなんと1000円割引×2回!ランチがほぼタダで食べれてしまうのでおすすめです。ぜひ一度UberEatsを体感してみてください。

 

3分で注文完了/

1000円OFFを使ってUberEatsを体験する【iPhone】

1000円OFFを使ってUberEatsを体験する【android】

UberEats(ウーバーイーツ)を現金で支払いする方法

UberEats(ウーバーイーツ)で現金払いをするにはアプリに「お支払い」という項目があるので「現金」を追加するだけです。

現金は出前と同じように料理を届けてくれた配達パートナーに支払います。

おつりが出る場合もUberEats(ウーバーイーツ)配達パートナーが用意しているので、利用する側はいつも通り支払えば問題ありません。

ただし、配達手数料含めて10,000円以上は注文が出来ないので注意してください。

UberEats(ウーバーイーツ)配達パートナーの現金払いについて


お客さんが現金払いをした場合、UberEats(ウーバーイーツ)配達パートナーはどのように対応すればよいか?

UberEats(ウーバーイーツ)配達パートナーからの視点でご紹介します。

UberEats(ウーバーイーツ)配達パートナーが現金払いに対応する流れ

現金払いの配達は任意となり、UberEats(ウーバーイーツ)配達パートナーが、自由に選ぶことが出来ます。

UberEats(ウーバーイーツ)配達パートナーが現金を受け取るにはクレジットカードかデビットカードの登録が必須です。

カード登録には「アカウント」→「お支払い」→「Uberへの支払い」→「支払い方法の追加」でクレジットカードの登録ができます。

カード情報を登録すると2,3日でアプリ内に「現金配達」ボタンが出てきてオンとオフが出来るようになります。

その後、Uberドライバーアプリを開いて右下の三本線のマークをタップすると出てくる「運転の設定」→「現金払いを受け付ける」をオンにします。

UberEats(ウーバーイーツ)現金払いに対応するために準備することは?


現金払いの対応は以下の通りです。

  • おつりを用意する
  • リクエストを受ける
  • 現金を受け取る

おつりを用意する

現金は2万円くらい用意すると安心です。

注文者が1万円札で払う可能性もあるので2万円分を両替しておきましょう。

ちなみに僕の目安です。良かったら参考にしてください。

リクエストを受ける

現金払いのリクエストを受けたとき、注文者の元に向かう際、アプリ上に緑の現金払いアイコンが表示されます。

この現金払いアイコンが表示された場合は注文者から現金を受け取る必要があるためおつりを用意する必要があります。

つまり、おつりの用意がない場合はリクエストを受けないほうが無難です。

万が一おつりが足りなかった場合はお客様にも迷惑が掛かってしまいますし、自分自身も時間を大幅にロスしてしまうので注意が必要です。

1度、現金払いを終えた後に現金が足りない場合は一時的に現金払いを受けつけない設定もできるので気を付けましょう。

現金を受け取る

商品を引き渡す際に、画面下部の「現金を受け取る」をタップすると商品の金額が表示されます。

注文者から現金を受け取り、おつりを出す場合はスマホの計算器などを使い間違いがないようにしましょう。

万が一、注文者が現金が足りなかった場合は、持っている分だけ現金を受け取り、商品を渡してOKです。

商品を渡したらUberドライバーアプリにて料金が表示された緑色の画面の右下にある「詳細はこちら」をタップし、「料金を支払わなかった」「料金の一部を支払わなかった」をタップして画面の指示に従いましょう。

支払いに関するやり取りはUberEats(ウーバーイーツ)が引き継いでくれます。

UberEats(ウーバーイーツ)で受け取った現金はどうすればよいのか?


受け取った現金はそのまま自分のものになります。

清算方法は、

「カード払い注文の配送で得た配送料(報酬)」から「現金で受け取った金額-配送料(報酬)」

です。

具体的には、1500円の注文額に対して配送料が500円(報酬)だった場合、配達が完了した場合1000円余分に持っていることになります。

その週のカード払いでの配送料(報酬)が2000円だとすると、

カード払い注文で得た配送料(報酬)2000円から現金払いの注文で発生した差額1000円を引いた金額の1000円が口座に振り込まれるというわけです。

仮に現金払いが多かった場合は登録しているクレジットカードかデビットカードでその分引き落としになります。

UberEats(ウーバーイーツ)で現金払いに対応するケースはあるのか?

実際に現金払いはあるのか調べてみましたがエリアや時間によっても変わるようです。

現金払いに対応したら結果的に売り上げが上がったという人もいるようです。

とはいっても、現金はめんどくさいのでブーストの倍率が高い日だけ現金で他は対応しなくても良いかもしれません。

対応したばかりのエリアは積極的に現金払いに対応したほうがよさそうです。

UberEats(ウーバーイーツ)の現金払いのメリット・デメリットは?

UberEats(ウーバーイーツ)で現金払いのメリットは、なんといっても即日で現金が手に入ることでしょう。

日当みたいなものですよね。

デメリットはおつりを持ち合わせていないといけないので、両替など時間ロスが気になるところ。

特に自転車で配達している場合は小銭をじゃらじゃら持つのも重いですし大変です。

UberEats(ウーバーイーツ)現金払いのまとめ

現金払いは現在のキャシュレスと逆行していますが、現金払いが多いのも事実。

UberEats(ウーバーイーツ)のシュミレーションによると最初は現金で払って、2回目以降にクレジットカードを登録する人が多かったようです。

UberEats(ウーバーイーツ)配達パートナーにとっては配達件数がアップする可能性があるので今よりも稼げるかもしれませんね。

ぜひ積極的に挑戦してみるとよいかもしれません。

\UberEatsならスキマ時間で稼げる!

配達パートナー登録はこちら

時間・場所を自分で調整できる!
週単位での振り込みで安心!