【12月終了】今までドコモ赤チャリを利用していた人の今後は?Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのおすすめアイデア・対策を7つ紹介!

「赤チャリのUber Eats特別月額終了してしまった..」
「おすすめの自転車、他のサービスを知りたい…」

ひろ

こんにちは、ひろです。

本サイトに寄せられた質問を、現役配達パートナーの私がお答えします。

この記事でお伝えすること
  1. 今までドコモ赤チャリを利用していた人は今後どうする?

ドコモバイクシェアサービス(通称赤チャリ)のUber Eats(ウーバーイーツ)特別プランが2020年12月31日をもって終了しました。

まい

今後どうすればいいのか分からない…

ひろ

そうですよね…

そんなあなたにアドバイザーの私が、

Uber Eats配達パートナーで使える自転車のアイデアを5種類ご紹介します!

この記事を読めば、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーで使える自転車のアイデアがわかりますのでぜひ参考にしてください。

厳選!今まで赤チャリを使っていた人におすすめのアイデア7選

ひろ

初心者向けの配達の際におすすめなアイデアを7つを紹介します。
  1. 自転車を買う
  2. 帝都産業のレンタル自転車を使う
  3. ハローサイクリングを使う
  4. CycleTrip BASEを使う
  5. COGICOGIを使う
  6. 赤チャリの法人プランを使う
  7. 赤チャリの1日パスを購入する

おすすめ1:自転車を買う

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは自転車を買うことを検討しましょう。

ではどのような自転車が良いでしょうか。

  1. 折りたたみができること
  2. 持ち運びに優れていること
  3. 変速機能or電動アシスト機能が備わっていること
  4. メンテナンスしてくれるサイクルショップが近所にあること
  5. 定評があること

上記は必須条件として以下の3つを絞ってみました。

  • Hold On
  • ブロンプトンM3L
  • Birdy Air

上記3点は、折り畳みサイズでUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにおすすめです。

Hold On(電動自転車)

HoldOn

https://holdon.tokyo/
価格:87,890円

ひろ

Hold Onの重量は、バッテリーを含めても約16.7kg。

設計を一から見直し、スタイリッシュデザイン・長距離移動・軽量化を実現しています。

メリット
  • 街乗りでもオシャレに。スタイリッシュなデザイン
  • 1回の充電で約100km走行可能!
  • 3〜4時間でフル充電
  • ハンドルにあるUSB給電ポートからスマホを充電することも可能
  • 女性でも持ち運び可能!約16.7kgと超軽量!

ブロンプトンM3L

https://bromptonbicycle.jp/
価格:190,000円

ひろ

ブロンプトンM3Lの重量は、約11.7kg。

イギリス・ロンドンで職人が1台1台丁寧に作っています。

メリット
  • 折り畳み寸法が小さい

 

この投稿をInstagramで見る

 

brompton_japan(@brompton_japan)がシェアした投稿

Birdy Air

Birdy

https://pacific-cycles-japan.com/birdy/air.html
値段:180,000円

ひろ

Birdy Airの重量は、バッテリーを含めても約9.87kg。

軽量パーツの採用により超軽量化を実現しています。

メリット
  • 圧倒的に軽い(9.87Kg)

自転車まとめ

Hold On ブロンプトンM3L Birdy Air
変速 なし(電動アシスト) 3 9
重量 16.7Kg 11.7Kg 9.87Kg
タイヤサイズ 14インチ 16インチ 18インチ
折り畳み採寸 全長680m/全長410m/全高610m 全長585m/全長580m/全高270m 全長600m/全長340m/全高720m
値段 87,890円 190,000円 185,000円

ひろ

コスト的にも体力的にも当サイトはHold Onをおすすめします。

今なら5000円のキャッシュバックもあるので、ぜひ検討してみてください。

おすすめ2:帝都産業のレンタル自転車サービスを使う

帝都産業レンタル自転車

http://www.teito-co.com/rental/rental-bicycle.html
利用料金:月額11,000円〜

ひろ

帝都産業のレンタル自転車サービスもおすすめです。

月11,000円なので初期費用に大きな出費が必要ありません。

  • 一時的にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやる人
  • 自転車を考えているが予算的に厳しい人

上記に合う方にはおすすめです。

おすすめ3:ハローサイクリング

ハローサイクリング

ハローサイクリング
https://www.hellocycling.jp/
利用料金:12時間1,000円〜

1回1000円からなので、月10回以下で対応エリアであれば帝都産業のレンタル自転車よりもお得です。

  • 月10回以下でUber Eats(ウーバーイーツ)の稼働を考えている人
  • 対応エリア内の人

上記に合う方におすすめです。

おすすめ4:CycleTrip BASE(自転車)

CycleTrip BASE
https://cycletrip.jp/ja/
利用料金:1ヶ月10,450円〜

配達パートナー向けキャンペーンとして、リヤキャリヤを無料で付帯中。(サイトお申込みメッセージ欄に「Uberキャンペーン希望」と記載する必要あり。)

ひろ

CycleTrip BASEのレンタル自転車サービスもおすすめです。

月10,450円なので初期費用に大きな出費が必要ありません。

  • 一時的にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやる人
  • 自転車を考えているが予算的に厳しい人

上記に合う方にはおすすめです。

おすすめ5:COGICOGI(自転車)

COGICOGI
https://cogicogi.jp/smart/monthlyrental_eats.html
利用料金:1ヶ月9,350円〜

ひろ

COGICOGIのレンタル自転車サービスもおすすめです。

月9,350円なので今回紹介するレンタル自転車の中では最安です。

初期費用に大きな出費が必要ありません。

  • 一時的にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやる人
  • 自転車を考えているが予算的に厳しい人

上記に合う方にはおすすめです。

おすすめ6:赤チャリの法人プランを使う

ドコモ赤チャリ法人プラン

https://docomo-cycle.jp/img/pdf/tokyo_houjin.pdf
利用料金:月4,400円

ひろ

法人登記をしている人は赤チャリの法人プランがおすすめです。

料金は月4,400円なのでお得に利用できます。

  • 法人登記済みの人

上記ハードルをクリアしている人は1番良い選択かもしれません。

おすすめ7:赤チャリの1日パスを使う

https://docomo-cycle.jp/onedaypass/
利用料金:1日1,650円

ひろ

これまでのアイデアにあわなかった場合は、赤チャリ1日パスが良いかもしれません。

1日1,650円なので約3配達分ですね。

  • 自転車を購入しない方
  • 帝都産業レンタルサイクルの条件に合わなかった人
  • 他のシェアサービスもなかった人

今までの赤チャリ特別料金に比べると割高感は否めません。

赤チャリ終了後は長い目で見ると自転車を買った方がお得

ひろ

今まで赤チャリを利用していた人は今後どうする?というテーマで配達パートナーで使える自転車のおすすめアイデアを5つ紹介しました。
  1. 自転車を買う
  2. 帝都産業のレンタル自転車を使う
  3. ハローサイクリングを使う
  4. CycleTrip BASEを使う
  5. COGICOGIを使う
  6. 赤チャリの法人プランを使う
  7. 赤チャリの1日パスを購入する

おすすめは自転車を買うです。

長い目で見れば、買ってしまった方が断然お得です。

半月フルで稼働すれば、電動自転車1台分くらいは稼げるのでサクッと購入しましょう。

ひろ

ぜひ、本記事を参考に自分に合う方法を見つけてみてください!