UberEats配達に役立つアイテム14選

【新料金含め全ガイド】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーやってみてわかったこと【登録方法や必要なものなど感想】

UberEats サラリーマン副業

ウーバーイーツ配達パートナーを登録しようとしている人

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーを考えている人「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーやってみたいなぁ。でも実際どうなんだろう。」

この記事はこんな疑問を解決します。

\Uber Eatsなら簡単副業!!!

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

時間・場所を自分で調整できる!
週単位での振り込みで安心!

この記事の目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとは

スポンサードサーチ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事は正確にはバイトではなく個人事業主としての契約です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は新しいスタイルのデリバリーサービスとして2014年アメリカでのスタートし全世界に広まっていきました。

通常ネットで料理を注文すると、料理を作っているお店のスタッフが配送をしますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)はレストランと配達パートナーがマッチングされて、効率よく料理が届けられるシステムです。

スマホが普及して一気に認知度を高めていきました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが出来るエリアは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事が出来るエリアは徐々に拡大しています。

2019年10月現在は、東京23区エリア、横浜・川崎エリア、千葉エリア、埼玉エリア、大阪エリア、京都エリア、神戸エリア、名古屋エリア、福岡エリア

2019年に東京の武蔵野市、調布市、三鷹市、狛江市、西東京市、小金井市、府中市、八王子市、町田市まで拡大されました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事の流れ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事の流れはシンプルです。

  1. 仕事の内容はスマホで通知を受ける
  2. レストランで料理を受け取る
  3. 注文者にお届けする

1回の配達は20分から40分くらいが多く

自転車か原付バイクで配送ができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーのメリットは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはストレスがない

人間関係の悩みって辛いですよね。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーなら配達中は一人で自転車やバイクに乗っていますので対人的なストレスはありません。注文する人も心に余裕がある人が多く、クレームも少ないと言われています。

配達する時間・場所を自分で自由に調整できる

遅刻や早退という概念がありません。依頼が来れば受け取りに行くシステムなので学校や仕事を優先して、自分の都合の良い時間だけ配達の仕事をすればOKです。

週単位で報酬を手に入れられる

働いたら次の週にはすぐに銀行に振り込まれます。急な出費や予定に合わせて働くことが出来ます。

適度な運動になり痩せる

自転車で走るので健康的です。

好きな自転車・バイク(原付)を使える

自分の好きなロードバイクやバイク(原付)で仕事することが出来ます。

東京・大阪・神戸ならdocomoバイクシェアなんかも使えます。

\Uber Eatsなら簡単副業!!!

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

時間・場所を自分で調整できる!
週単位での振り込みで安心!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーのデメリットは?

天候に左右されやすい

天気が悪いと配達が困難です。特に大雨、台風、大雪だと厳しいです。

しかし天気アプリで天候を事前に確認をすればよいだけなので問題ありません。

報酬が確定しているわけではない

時給や月給ではなく個人事業主としての仕事になるので固定給のように補償はされていません。

とはいえ実際にやってみると、どのくらい稼げるかわかってくるので収入の予測は立てやすいです。

事故が心配

自転車やバイクに乗っている以上、交通事故には注意です。配送中の事故については

  • 対人補償
  • 対物補償
  • 傷害補償制度

が自動適用されます。

事前申し込みや、追加料金は必要ありません。

配達パートナーは個人事業主でUber Eats(ウーバーイーツ)に雇われていないため交通費は支給されない

すべて自己負担です。

自分が得意なエリアを優先的に攻めるのもありです。

自宅から直接自転車に乗って配達している人も多いですね。学校や会社の定期県内で配達するのもアリです。

特殊なスキルが付くわけではない

配達は誰でも簡単にできるので特殊なスキルにはなりません。

しかしUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの最大のメリットは時間を有効活用できるということです。

空いた時間を勉強に使ったり、就活やインターンの合間にやることもできます。

コミュニケーションが少ない

他人とのコミュニケーションがないのでコミュ障の僕には快適です。

バイトすると嫌な上司や面倒な付き合いって大変ですよね。

それよりも自分の時間を確保して好きな人と合うほうがよっぽど人生楽しめそうじゃないですか?

あとUber Eats(ウーバーイーツ)では配達パートナーを集めてパーティをやったりしています。

ちょっとした情報交換や交流も図ることが出来ますよ。

\Uber Eatsなら簡単副業!!!

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

時間・場所を自分で調整できる!
週単位での振り込みで安心!

Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げるのか?

下記参考にしてみてください。

では、報酬はどのように計算されるのか?
以下の計算式に当てはめるだけオッケイです。

報酬=基本料金×ブースト+特別キャンペーン-サービス手数料

下記が報酬テーブルです。

都市 基本料金 受渡料金 距離料金(1㎞) 手数料
東京 265円 125円 60円 10%
埼玉 265円 125円 60円 10%
千葉 265円 125円 60円 10%
神奈川 250円 120円 60円 10%
愛知 215円 105円 60円 10%
大阪 215円 105円 60円 10%
京都 215円 105円 60円 10%
兵庫 215円 105円 60円 10%
福岡 215円 105円 60円 10%

2019年11月末、東京、埼玉、千葉は新料金への改定がありました。

2019年11月末まで

300円(基本料金)+170円(受渡手数料)+150円(距離料金)×2㎞-35%(手数料)=500円(配送料)

2019年12月から

265円(基本料金)+125円(受渡手数料)+60円(距離料金)×2㎞-10%(手数料)=459円(配送料)

東京・埼玉・千葉の新料金プラン

2019年12月よりお支払い金額は、以下のように計算されます。

お支払い = (1) 基本料金 × (2) ブースト + (3) 特別キャンペーン[不定期] – (4) サービス手数料 10%

基本料金について

受け取り料金: 265円
レストランにて商品を受け取った際に発生します。 配達先が2ヶ所ある場合でも受け取り場所が1ヶ所の場合には、受け取りは1回としてカウントされます。

受け渡し料金: 125円
注文者に商品を渡した際に発生します。配達先が複数ある場合には、それぞれ受け渡し料金が発生します。

距離料金: 60円/km
レストランから配達先までの距離に応じて、計算されます。複数の配達があった場合には、合計の距離の分が計算対象となります。

料金計算のまとめ

例えば、1回の配達を完了すると (配達距離 2km)

265 + 125 + 60 x 2 = 510円

また、一軒のレストランから複数の配達先にお届けした場合 (配達距離 各1km, 1.5km)

265 + 125 x 2 + 60 x (1 + 1.5) = 665円

今後、東京・埼玉・千葉はインセンティブを併用して今までと比べても下がらないようにすると発表がありましたので期待しましょう。

\Uber Eatsなら簡単副業!!!

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

時間・場所を自分で調整できる!
週単位での振り込みで安心!

Uber Eats(ウーバーイーツ)には4つインセンティブがあります

Uber Eats(ウーバーイーツ)にはインセンティブと言って上記の金額に追加で払われる報酬で、注文の多い時間やエリアで適用されます。

インセンティブには

  • ブースト
  • クエスト
  • オンライン時間インセンティブ
  • ピーク料金

がありますので紹介します。

インセンティブ1:ブースト

ブーストとは注文の多いエリアや時間で配送時の基本料金を一定の倍率で上げる仕組みのことです。配送依頼の増える昼の時間帯やディナータイム、土日につくことが多いです。

倍率は1.1倍~2倍で、東京はベースが高い分1.1倍から1.2倍が多い印象です。

インセンティブ2:クエスト

クエストとは一定時間内に配達を完了した件数に応じて追加で支払われるインセンティブです。例えば日曜日の午後6時から23時に間に10回配達完了したら追加で2,000円などです。

跨ぎクエストというのもあり、〇日~◎日の間に30件配達すれば追加5,000円などもあります。

インセンティブ3:オンライン時間インセンティブ

オンライン時間インセンティブは待機時間1時間当たり報酬を1,000円出しますよ。といったものです。サービスが開始したばかりのエリアで出ることが多いです。

インセンティブ4:ピーク料金

ピーク料金とは注文件数が増加したエリアに追加でインセを発生させて配達パートナーの足りないエリアに配達パートナーを呼ぶ効果があります。

他のインセンティブと違いリアルタイムで変動するため短時間で終了する場合もあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬はいつ支払われるのか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬は週払いです。

毎週日曜日締めで翌週の木曜日払いです。

つまり月曜日から日曜日の分が4日後の木曜日に支払われるということです。

手数料もかかりませんので嬉しい限りです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー登録について

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録できる条件は18歳以上であればだれでも登録できます。

18歳なので18歳を迎えた高校生もOKです。

また、年齢の上限もないので定年退職後に登録することもできます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは面接もなく履歴書を作る必要もないので気軽に始めることが出来ます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は自転車か125㏄以下の原付バイクでなければ配達ができません。

もしどちらも持っていない場合はUber Eats(ウーバーイーツ)がバイクか電動自転車をレンタルする会社を紹介してくれます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの登録に必要な書類

必要な書類は次の通り。
身分証とプロフィール写真を撮影してアップロードします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録に必要な身分証や写真ですが、具体的にいうと以下のものが必要です。

    【自転車登録の必要書類】

  • 身分証明書(パスポート、運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カードのいずれか)
    【バイク登録の必要書類】

  • 運転免許証
  • 自賠責保険証書
  • ナンバープレートの写真
    【軽貨物またはバイク(125cc超)登録の必要書類】

  • 運転免許証
  • 車検証または軽自動車届出済証
  • 自賠責保険の証明書
  • 任意保険または共済保険の証明書
  • 事業用ナンバープレートの写真

プロフィールの顔写真は肩くらいまで写っているもので、帽子、サングラス、マスク着用の写真は不可です。

また、外国人の方は、パスポート(顔写真ページ、ビザのあるページと証印シール)または在留カードいずれかの写真のアップロードが必要です。

\Uber Eatsなら簡単副業!!!

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

時間・場所を自分で調整できる!
週単位での振り込みで安心!

さいごに

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはUber Eats(ウーバーイーツ)登録センターに登録し、配達用のバックをもらったらその日から働くことが可能です。

好きな時間にストレスを感じずにできるUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーライフをぜひ体験してみてください。

\Uber Eatsなら簡単副業!!!

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

時間・場所を自分で調整できる!
週単位での振り込みで安心!

スポンサードサーチ

人気記事【第2新卒向け】第二新卒で転職してわかったおすすめサイトと転職エージェント10選

人気記事【国内ではこの4つ】会社員フリーランサーが本気でオススメする「転職特化型プログラミング教室4つ」を比較してみた。

人気記事【評判】退職代行SARABA(サラバ)とは?口コミなどを調査してみたらこんな結果が・・【LINE(ライン)でOK】