UberEats配達に役立つアイテム14選

【未経験から】派遣エンジニアのメリット・デメリットを解説【平均時給も公開】

プログラミング

こんにちは、ひろです。

派遣エンジニアを考えている人

派遣エンジニアを考えている人「派遣エンジニアってどうなんだろう。未経験でもなれるのかな?」

こんな疑問にお答えします。

近年、IT人材への需要が急速に高まっています。

それとともにITエンジニアにとっての働き方の選択肢も急速に増えてきましたね。

その代表例が派遣社員という働き方です。

派遣社員 派遣会社と無期あるいは有期の雇用契約を結び、派遣元が労働者派遣契約を結んでいる派遣先の企業で働く働き方

一方で、派遣社員という働き方が「本当に自分に合っているのか」と考えてしまう人も多いかもしれません。

派遣エンジニアといえば、労働環境が厳しくあまり高収入が見込めないという印象を持ってしまう方が多いかもしれません。

しかし、労働に関する法律の改正等によって労働環境は改善しており、むしろさまざまなスキルが身につく仕事となっています。

AIの普及によって需要が高まることも考えられます。

派遣エンジニアには、プログラミング知識などを得られる・自由度が高い・仕事内容を選べるなどのメリットがある一方、正社員との待遇の違い・雇用期限に上限があるなどのデメリットもあります。

そこでこのページでは、IT人材に対するニーズの動向とともに、派遣社員として働いたときのメリットやデメリットを、正社員として働いた場合と比べながら紹介していきます。

ITエンジニアとして理想のキャリアを築くためのヒントにしてください。

派遣エンジニアとは?

スポンサードサーチ

そもそも派遣とは、派遣会社に登録し、そこから派遣された派遣先企業で働く雇用形態のことを言います。

本来雇用される場合、労働者は働く企業と契約を結ぶことになりますが、派遣の場合は派遣先企業と労働者は直接雇用契約を結びません。

派遣会社と派遣社員が雇用契約、派遣会社と派遣先企業が労働者派遣契約をそれぞれ結ぶことになります。

そしてエンジニアとは、IT職種として働く人材の総称です。

一番に思い付くのはシステム開発に携わるシステムエンジニア(SE)だと思います。

しかし他にもサーバーやネットワークの構築・管理に携わる仕事や、CADを扱う仕事、技術的側面から営業のサポートをする仕事など、さまざまな仕事がIT職種の中に入ります。

つまり派遣エンジニアとは、派遣の契約形態でIT業種の仕事をすることを言います。

その場合は、エンジニアの仕事を扱っている派遣会社に登録し、そこから派遣先企業に派遣されて仕事を行うことになります。

近年、IT業界はどんどん拡大しており、どの会社も人材の確保を急いでいます。

特にIT業界の特徴として、プロジェクトベースで仕事が行われるというものがあります。

そのため、期間限定で雇用できる派遣エンジニアの需要は年々高まっています。

その証拠に、派遣エンジニアの賃金は高まりを見せています。

派遣時給ランキング1位はWeb・スマホ系SEで2524円、5年で約500円増

エン・ジャパン2018年の派遣時給ランキングを見ると、

1位はWeb・スマホ系SE(システムエンジニア)で時給2524円。

スマホアプリの開発やWebのeコマース用サイトの構築の需要がここ数年で急増し、技術者の奪い合いがおきている。5年前比の時給は23.1%増、500円近くも増加しています。

2位も同様に、人材を求める動きが強いビジネスアプリケーション系SEで、時給は2517円となって、こちらも2500円を超えており、5年前比でも14.1%増、300円以上アップしている。

3位のネットワークエンジニアも、時給2494円(5年前比13.8%増)とこちらも高水準です。

以下、4位プログラマ(時給2221円)

5位データベース系SE(時給2202円)

6位制御系SE(時給2159円)

7位運用管理・保守(時給2059円)

8位社内SE(時給2036円)と、IT系派遣が上位を独占しています。

いずれも時給2000円を超え、5年前比でも、データベース系SEを除き、100~200円時給がアップしています。

凄すぎですよね。

さらなるIT業界の拡大によって、派遣エンジニアの需要はこれからも高まり、さまざまな企業が雇用を検討することになります。

時代に合わせて雇用が変化する中で、派遣エンジニアは今の時代に合った働き方と言わざる負えませんね。

\ベテランのジョブコーディネーターがサポート/


▶︎ 派遣エンジニアのお仕事を探してみる!

👉派遣エンジニア求人サイト大手のITスタッフィングを見てみる

 

派遣エンジニアの強み・メリット

では、派遣エンジニアとして働くメリットは何なのでしょうか。以下で解説していきます。

プログラミング知識などを幅広く得られる

まず何より、派遣エンジニアとして働くことでプログラミング知識などの知識を幅広く身に着けられるのは大きなメリットですよね。

正社員のエンジニアとして働く場合ももちろん知識は得られますが、派遣エンジニアの場合はそれぞれ派遣された会社で新しく知識を学ぶことができます。

もちろん、その都度勉強し吸収していくのは大変なことではありますが、自身のスキルアップにつながりますし、その中でよりよい仕事へのステップアップも可能です。

派遣エンジニアとして働くことで、正社員のエンジニアより最新で幅広い知識を身につけられる機会は多いでしょう。

キャリア選択の自由度の高さ

派遣と言ってまず浮かぶのが「キャリア選択の自由度が高い」ということかもしれません。

派遣の場合は、場所・時間・期間を自由に選んで働くことができます。

正社員の場合では、ある程度会社に働く条件を指定されますし、何か事情がない限りそれを大きく変えてもらうことはできません。

それに対して派遣では、自分の働きたい場所で、働きたい時間に、働きたい期間だけ働くことができます。

そのため、病気、子育てや家族の介護、配偶者の転勤など、正社員として働くのが難しい事情がある場合も、無理せず続けていくことができます。

正社員ではできないような経験が積める

正社員では経験ができない多様な経験を積めることも派遣のメリットです。

正社員では、一度入った会社にある程度長くいることが前提なので、さまざまな業界で多様な経験を積むことは難しくなってきます。

しかし、派遣だと、いろいろな会社でいろいろな仕事に関わることになります。

それぞれの会社での経験がスキルアップにつながりますし、スキルアップしていく中で新しく選択できるようになる仕事も増えてきますよね。

正社員だと経験できない幅広い経験を積んでいくことができるのも派遣社員のメリットです。

人脈を広げることができる

そして最後に、人脈を広げることができるという点があります。
派遣エンジニアは数年で各会社を転々とするため、それぞれの会社で周りの人との関係性を構築することができます。

正社員の場合、営業職などの特殊な職種でない限り、人脈はかなり狭くなってしまいがちです。

しかし派遣エンジニアであれば、各職場で社内外の人脈を構築することを繰り返し、かなりの幅広い人脈を手に入れることができます。

そしてその広い人脈から、新たな仕事を探したりプロジェクトに参加したりも出来るかもしれません。

また仕事で困ったことがあるときも人脈が広いと誰かに相談することもできます。

もちろん、数年ごとに新しい職場で人間関係を構築するのにストレスを感じる方もいるかもしれません。

しかし、IT業界自体引手数多なので「合わなかったら転職する」で良いでしょう。

派遣エンジニアの弱み・デメリット

以上、派遣エンジニアのメリットについて説明してきました。しかし、どんな仕事にもデメリットがあるように、派遣エンジニアという仕事にもデメリットはあります。

ここではデメリットは何なのか紹介します。

正社員との待遇の違い

これは派遣である以上ある程度は仕方のないことなのですが、年収や福利厚生などの点で正社員と待遇の違いは出てきてしまいます。

そもそも派遣は時給計算であることがほとんどなので、長期休暇のある月は収入が減りますし、ボーナスもあまり期待はできません。

そのため、年収の点で正社員に引けを取ってしまうことはままあります。

もちろん、優秀なエンジニアであれば、逆に派遣になったことによって年収が上がることもあります。

そうなるためには各会社で経験を積みスキルアップをしていくことが重要になります。

また、福利厚生の点でも住宅手当(家賃補助)や家族手当など、正社員と同等の待遇を望むことは難しい可能性もあります。

自身で計画的な貯金やライフプラン設計をしていくことが必要になります。

ただ、福利厚生に関しては充実している会社もあります。派遣会社に登録し、そういった会社を探していくのもよいでしょう。

雇用期限に上限がある

労働者派遣法が改正され、「派遣契約期間は同じ職場において3年を上限とする」ということになりました。

そのため、どれだけ気に入った職場であっても3年が経過すると、別の職場に移らなくてはなりません。

さまざまな経験をできるという点ではこれはメリットですが、条件のよい職場を見つけても3年で移らなければならないのはデメリットといえます。

IT分野では派遣社員と正社員の差は小さい

IT業界はたとえ正社員であっても人材が流動的で、転職する人が多い

今の時代、どの業種でも先行きは不透明であり、正社員として終身雇用されていても会社自体の安定性がそれほど高いとはいえないです。

年功序列システムが廃止され、実力で判断する企業が増えてきていたり、小さな規模の企業だと、経営陣などが創業初期の社員で占められており、出世が望めないなど。

実はIT企業の正社員の雇用の安定性はそれほど魅力的ではなくなってきているのです。

他の業種と比べて特に技術革新の激しいIT分野では、変化に対応するために雇用の柔軟性が増しています。

働き方による給与、雇用の安定性などの差は小さくなってきているといえるでしょう。

\ベテランのジョブコーディネーターがサポート/


▶︎ 派遣エンジニアのお仕事を探してみる!

👉派遣エンジニア求人サイト大手のITスタッフィングを見てみる

 

未経験から派遣エンジニアを始める場合のおすすめ手順

もしあなたが未経験の場合は、ITエンジニアの基礎が学べるプログラミングスクールに通ってからスキルアップのために行くのがオススメです。

将来フリーランスを目指しているなど正社員に捕らわれないのであれば、

スクール→派遣エンジニア→フリーランス

このようなキャリア形成も良いでしょう。

あくまで派遣エンジニアはスキルアップの踏み台として考えると派遣エンジニアってものすごく良い選択肢なんですよね。

おすすめプログラミングスクールは転職に成功している実績がある2社です。

オンライン型おすすめプログラミングスクール

仕事と同時進行で学ぶのであればオンライン型のポテパンキャンプで卒業生のほぼ全員がWebエンジニアとして転職成功しています。

よかったら【未経験OK】ポテパンキャンプの登録後の流れ、面談場所、料金、評判・口コミなどを完全解説しますも参考にしてみてください。

オフライン型おすすめプログラミングスクール

実際の感覚をつかみたいのであればオフライン型のTECH::EXPERTがおすすめで、こちらも未経験から97%の受講生が転職に成功しています。

▶︎ TECH::EXPERTに無料相談する

 

派遣エンジニアの業種

以上、派遣エンジニアのメリット・デメリットについて一つずつ解説してきました。

派遣エンジニアは少しデメリットがあるものの、自由にやりたい仕事内容でスキルアップしながらエンジニアとして働きたいという方にはかなりおすすめの職種です。

では、これからは派遣エンジニアとして働く場合、どのような業種があるのかについて解説していきます。それぞれの仕事内容も併せて説明しますので、チェックしてみてください。

アプリケーション・システム開発

アプリケーション・システム開発とは、プログラミング言語を用いてアプリケーションを作成する仕事です。

主に、要件定義・分析、基本設計、詳細設計、コーディング、単体テスト、結合テスト、システムテスト、導入支援などを行うことになります。

システムは、お客様に提供する製品として最も重要なものです。

そのためシステム開発の仕事は、やりがいがありかつ責任が重いものになります。IT職の中でも優秀な人材が集う仕事と言えるでしょう。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、サーバー機器の設計・構築・設定・運用・保守を主に行う仕事です。

サーバーの構築とサーバーの保守点検の二つのことを行います。

サーバー構築においては、機器の選択から設定、OS等のインストールまでを行います。

サーバーの保守点検においては、サイバー攻撃に備えて普段からのセキュリティを強化することや障害発生時の復旧作業等の仕事があります。

サーバーはそもそものシステム構築や情報管理、社内外との連絡のかなめです。

そのため、サーバーエンジニアはサーバーを使いやすく保つだけでなく、セキュリティに関しての意識を強く求められます。

ネットワークエンジニア

ネットワークシステム全般の管理を行う仕事です。

具体的には、まずネットワークを設計し、そのネットワークを実際に構築し、その後は監視運用を行っていくという仕事になります。

一からネットワークを構築し管理していくことはとてもやりがいがあるでしょう。

サポート・ヘルプデスク

サポート・ヘルプデスクは、社内外からのIT関連の問い合わせに対して回答するのが主な仕事になります。

IT関連の問い合わせとは、サーバー・ネットワークはもちろんですが、メールやSNS等の問い合わせがくる場合もあります。

サポート・ヘルプデスクはIT関連の職種とはいえ、そこまで専門知識が必要とされないので、未経験の方も始めやすい職種と言えます。

CAD・機械・回路設計

2Dまたは3DのCADソフトウェアを用いて、設計図面作成・パース作成・積算等を行う仕事です。建築や電気、機械、土木などのジャンルがあり、それぞれの専門知識を有していることが必須となります。

建築系の場合は、意匠・内装・構造・設備といった詳しい専門分野に分かれています。

専門知識が必要な分野なので、派遣でも重宝される人材です。自分の強みを生かして働いていけるでしょう。

テスト・評価製品やシステムにバグがないかをテストする仕事です。実際に仕様書を見てテスト項目を作成し、テスト項目に従ってシステムをチェックし、仕様通りに動いているかを確認します。

最終的にお客様に提供するシステム等の品質を保つための重要な仕事です。

OAインストラクション

パソコンなどのOA機器の使い方をレクチャーする仕事です。他にソフトウェア、アプリなどの操作方法も説明することがあります。

講座形式で行うことがほとんどですが、問い合わせに対応することもあります。また、講座で使用するテキストやモデルの作成を行うこともあります。

社内ですべての人材がOAやソフトウェアに関する知識を持っているわけではないので、インストラクションは社内全体のITスキルを高めていくために重要な仕事になります。

セールスエンジニア

営業を技術的な面からサポートする仕事です。

具体的には、営業職の社員と一緒に、顧客への製品やシステムの説明・質問対応などを行います。営業職の社員は、技術的なことまで説明できない場合もあるため、顧客のニーズに応えられるようエンジニアからのバックアップは不可欠です。

顧客のニーズに合わせてシステムや製品を提案し、契約につなげる仕事です。

その他IT職

以上で主なIT職種をご紹介してきましたが、他にもIT職にはさまざまなものがあります。

例えば、各種データの分析や解析、通信電波調査などはわかりやすいかと思います。

ほかにも、エンジニアのアシスタントや海外のソフトウェアを母国語化する仕事、ITエンジニアチームでのアドミン業務全般を行う仕事などがあります。

ITエンジニアへの需要の高まりは働き方の選択肢に大きな広がりをもたらしています。

自身のキャリアプランに合わせて、 正社員、派遣社員はもちろん、フリーランスなど、さまざまな働き方を、容易に選ぶことができるようになっているのです。

ITエンジニアが選択できる、主な働き方の名称と定義を表にまとめたので確認してみましょう。

まとめ

以上、派遣エンジニアとして働くことのメリット・デメリットや、実際に働く際の細かい職種についてご紹介してきました。

派遣エンジニアは、自由な時間で自分のやりたい仕事に取り組むことができ、さらに幅広い経験やスキルアップを望める働き方です。迷っている方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

派遣エンジニアとして働くためには、まず派遣会社に登録することが必要です。

ITスタッフィングでは、派遣エンジニアの登録を受け付けています。登録方法はオンライン登録と来社予約の2つで希望に併せてご登録することが出来ます。

\ベテランのジョブコーディネーターがサポート/


▶︎ 派遣エンジニアのお仕事を探してみる!

👉派遣エンジニア求人サイト大手のITスタッフィングを見てみる

 

もしあなたが未経験の場合はITエンジニアの基礎が学べるプログラミングスクールに通ってからスキルアップのために行くのがオススメです。

将来フリーランスを目指しているなど正社員に捕らわれないのであれば、

スクール→派遣エンジニア→フリーランス

このようなキャリア形成も良いでしょう。

スポンサードサーチ

人気記事【第2新卒向け】第二新卒で転職してわかったおすすめサイトと転職エージェント10選

人気記事【国内ではこの4つ】会社員フリーランサーが本気でオススメする「転職特化型プログラミング教室4つ」を比較してみた。

人気記事【評判】退職代行SARABA(サラバ)とは?口コミなどを調査してみたらこんな結果が・・【LINE(ライン)でOK】