UberEats配達に役立つアイテム14選

【小額ネット投資】2020年から投資を始める方へ。株を始める時の資金はどうやって用意する?

お金、投資

こんにちは、ひろです。

アベノミクスが始まってから、日銀により金利がゼロ誘導されており、定期預金ですらほとんど金利は付かない状況となっています。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は、株式や外国債券での運用割合を増やし、日本政府も貯蓄から投資へ個人の金融資産を移行させようと、様々な手段を行っています。

こういった背景の中、個人投資家の株式投資への興味は日に日に増してきており、特に若年層の投資以降は非常に高いものとなっています。

しかし、投資するには専門的な金融知識を必要としますので、初心者の方は資産配分や投資手法など分からないことだらけなのではないでしょうか。

そこで、今回は、株式投資をするにはどういった資金を回せばいいのか、どういった投資方法がおススメなのか具体的に紹介していきたいと思います。

\ウェルスナビで手間ゼロ投資!!!

ウェルスナビ

自動引き落としで楽チン!
全自動でAIが株を選んでくれる!

株を始める時の資金はどうやって用意すればいい?

スポンサードサーチ

株式投資をするには、まず保有している金融資産の内何割の資産を投資に回すのか検討する必要があります。

現在、日本は、貯蓄から投資へ積極的に推奨しており、アメリカのように金融資産に占める投資の割合を高くしようとしています。

また、日本の金利はゼロ誘導されていますので、定期預金や保険で運用しても思うような運用成果を期待することはできません。

そういった寝かせている資産を有効活用するのも手段といえます。

また、退職金が入る予定がある方も分散投資という観点から、株式投資を検討してみるのもいいでしょう。

これから投資をはじめたい投資初心者は何から始めればいいのか?

あくまで余裕資金で始めよう

株式の運用はあくまでも余裕資金で始めるようにしましょう。

資産運用は余裕資金で始めるべき理由。資産に対する余裕資金の割合も説明。

投資は当たれば利益が出ますが、外れれば損失は計り知れない場合もあります。

また、資金を他から借りるのもいけません。

中には、利息を利益から返済しようと考える方もいますが、身を亡ぼす可能性がありますので注意が必要です。

他人の資金と自分の資金を混合しないように注意しましょう。

証券会社に第三者の資金が混在していることが発覚すると、仮名借名の疑義によりその口座はロックされてしまいます。

この期間は、疑義が解消されるまで売買等は一切することができませんので、仕込んでいた株が急激に上下した際に何もできなくなってしまいます。

まとまった資金が用意できない時は積立投資がオススメ

20~30代の方は、ローンの返済や教育費等で資金の入用が多いので、なかなかまとまった資金で投資をすることは難しいものと思われます。

そういった方は、毎月の給料の中から浮いた資金で定期的に積み立てていくことをお勧めします。

また、投資初心者の方には、ドルコスト平均法による分散投資がおススメです。

ドルコスト平均法とは、ある銘柄を定額で定期的に投資することで平均取得単価を長期的に引き下げていく手法です。

ドルコスト平均法とは?今さら聞けない基本的な投資手法について解説

たとえば、毎月1日に10万円ずつ投資することで高い時も安い時も定期的に買っていきます。

毎回定額を投資することで安いときは沢山買い、高いときは少しだけ買うことになり結果的に平均取得価格が引き下がることが可能となり、単純な数量分割に比べ平均値の点で有利になると言われています。

初心者でも簡単に実践できる

ドルコスト平均法は定期的に決められた金額で同一商品を買い付けに行きます。

もちろん、最初にどの銘柄に投資するか慎重に検討しなければいけませんが、売買については一切考える必要がないため、金融知識が少ない投資初心者にとってはメリットがあります。

高値掴みを回避できる

ドルコスト平均法は、高い時も安い時も定期的に買いに行く手法になります。

まとまった資金を一気に使うわけではないので、高値掴みをしてしまいどうしようもなくなるという事態を回避することができます。

あくまでも、時間分散で長期的に取得単価を平均化させていくことに趣を置きますので、リスクを減らしたい方にとっては好ましい手法と言えます。

\ウェルスナビで手間ゼロ投資!!!

ウェルスナビ

自動引き落としで楽チン!
全自動でAIが株を選んでくれる!

少額投資の場合はNISAも活用しよう

年間120万円以下での投資を考えている方ならNISA(非課税口座)での運用がおススメです。

これから投資を始める新社会人には「つみたてNISA」がオススメな理由

通常ですと、有価証券で得た利益に対して20.315%の税金が引かれてしまいます。例えば、100万円の利益が出ていたら、20万円が税金として引かれ、手元に残るのは80万円に減ってしまうのです。

しかし、NISA口座上で買い付けた有価証家の利益に対しては、5年の間非課税となりますので税金がかからなくなります。

最近ではNISAを活用してドルコスト平均法を用いる人が増えてきています。

積み立てNISAと言われるものも存在し、少ない金額からでも個人投資家が参入しやすいように政府からの後押しもありますので、若年層でこれから資産形成を目指す方にとってはオススメです。

ドルコスト平均法を実践するには、1円単位から買い付けすることができる「投資信託」が好ましいと一般的には言われています。

株式や債券の場合、一定金額を定期的に買い付けるのは困難ですが、投資信託ならば一定金額を金額指定で買い付けることができますし、そもそも投資信託自体も分散投資で様々な銘柄が組み込まれていますので、株式のように倒産したら紙切れになって価値がなくなるという信用リスクを回避することもできます。

まとめ

以上より、株式投資はあくまでも余裕資金で行うものであり、且つ時間分散もかねて定期的に積み立てていくのがおススメです。

NISAも積極的に活用し、できるだけ早い段階で運用を始めると複利効果も期待することができます。

投資は、株式のみではなく、投資信託や外国債券など様々な投資対象がありますので、資産はこれらにバランスよく配分するようにしましょう。

\ウェルスナビで手間ゼロ投資!!!

ウェルスナビ

自動引き落としで楽チン!
全自動でAIが株を選んでくれる!

スポンサードサーチ

人気記事【第2新卒向け】第二新卒で転職してわかったおすすめサイトと転職エージェント10選

人気記事【国内ではこの4つ】会社員フリーランサーが本気でオススメする「転職特化型プログラミング教室4つ」を比較してみた。

人気記事【評判】退職代行SARABA(サラバ)とは?口コミなどを調査してみたらこんな結果が・・【LINE(ライン)でOK】