UberEats配達に役立つアイテム14選

【戦略公開】YouTubeで稼ぐには挫折覚悟でやるべき

サラリーマン副業

こんにちは、ひろです。

YouTubeは副業の一つとしてかなり注目をしている分野です。

僕自身、YouTubeはやっていませんが副業とブログで年120万円以上稼げるようになりました。

今後、稼げる分野としてYouTubeに挑戦してみたいと思ったので必要な戦略を公開していきます。

YouTubeを始めたいけどどんな考え方でどのように始めればよいか?YouTubeを始める上でどのような戦略をとるのがベストなのか考えてみました。

なぜYouTubeなのか?

スポンサードサーチ
稼ぐならバイトでもいいのでは?

そう思われる方も多いと思うので理由をまとめてみました。

  • これから5G到来により動画視聴分野が伸びてくる
  • 根気が必要だけど稼いでいる人もいる
  • 労働が資産化する

これから5Gという新しい通信規格が主流となり、動画領域は伸びていきますよね。

伸びていくと企業が広告をだし、YouTuberが儲かっていきます

1万人程度なら月3万以上は稼げるし、人生がかわりはじめますよね。

会社で労働するのであれば、死ぬまで労働は避けられません。

自分で稼ぐことにチャレンジすることはとても良い選択だと思います。

具体的にどういう戦略にするか?をご紹介します。

YouTuberの必要スキル・ツール


YouTubeで最低限必要なスキル、ツールは以下3つです。

  • 動画編集スキル
  • 撮影機材の購入
  • 動画の台本作成
  • 企画力
  • 撮影環境
  • トーク

そして半年から1年は無料労働を覚悟する必要があります。

YouTube編集の作業時間概算

  • 企画:2時間
  • 撮影:30分
  • 編集:3時間
  • 合計:5時間

毎日投稿はかなりハードルが高いと言えます。

ここは運営メンバー内でリスク分散し、作業自体が過度に偏らないようにしていきます。

毎日投稿をしても失敗する事例

クオリティの低い動画を更新しても意味がないです。

  • 手振れがひどい
  • 音声が聞きづらい
  • 全体的に暗い
  •      

  • 画質が悪い
  • とりあえず更新
  • しっかりリサーチしてない

この内容は僕がブログを書く際にも気を付けています。

まだまだ自分はレベルが低いですが小さな改善が大切です。

YouTubeを頑張るなら発信者の視点を持つべき

僕はYouTubeを開くたびに発信者の視点で考えています。

なぜ伸びているんだろう
なぜコメントが多いんだろう

無限に繰り返して改善あるのみです。

しかし、YouTubeはハードな為、挫折に対するマインドを事前に持つべきだとも思ってます。

なぜ挫折覚悟なのか?

    継続

これが一番大変です。

会社員をやりつつYouTubeを発信していくには根気が必要です。

継続できない可能性に関しては予め潰しておく、徹底した戦略で乗り切る必要があると感じました。

挫折継続的に進める上での戦略は、

  • 3名~6名のチームを組みアイデアを出しながら進めていく
  • ルールブックを作る(台本・ハキハキ喋る・マイクを買う・話す速度を速める)
  • 数を打つ
  • 編集を捨てる(カットのみ)

3名~6名のチームを組みアイデアを出しながら進めていく

僕の周りはサラリーマンだったり、副業で生計を立ててる人が多いです。

その仲間たちでやるには一人孤独にやるよりもチームを作ったほうがアイデアが活発になり良いなと考えています。

賛否両論あるかと思いますが、経営会議(アイデアを出し合う時間)が出来ることはYouTubeの内容自体も単調になりづらく、革新的なアイデアで日々アップデート出来るなと思ってます。

数を打つ

勿論数を打てば成功するというのは言い過ぎですが、数を打たないとヒットしないというのも事実です。

普段から営業をしているメンバーなので成功の数よりも圧倒的に失敗の数が多いです。

こうした試行錯誤からやがて成果に繋がると確信しています。

編集を捨てる(カットのみ)

最初は編集に凝るのも違うかなと思います。

最初は完璧主義を捨てて回数をこなしつつブラシュアップすべきです。

おもしろ動画やビジネス動画にしても別に凝った編集じゃなくても大丈夫です。

チャンネル登録が伸びてきたら凝った編集をやっていこうと思います。

しかし、カット編集だけはやるべきです。

大半の人は無意識に「え~」「あの~」とかって言っていますよね。

これが多すぎると聞いている人も聞き取りづらくなるのでカットは必要です。

ヒカキンが最初にアップした動画

参考までにヒカキンさんが最初に挙げていた動画をみると今と比べ物にならないクオリティです。

批判される可能性がある

ここは一流大学を卒業するような頭脳の持ち主や過去に脚光を浴びた経験のある人は苦戦するはずです。

なぜなら免疫が弱いからです。

幸い、僕は低学歴でそれなりの扱いを社会で受けているので過度に反応しても無意味ということを肌で理解しています。

プライドがあると「なんで自分がこんなことを?」「こんな仕事は自分がすべきではない」など行動に影響がでてきます。

無駄なプライドは捨てちゃいましょう。

黒歴史になる可能性がある

大半の人は黒歴史になると考えて行動しませんよね。

もしあなたがある特定の分野でGoogle検索をしたときになかなか見つからず諦めてしまう事ってありますよね。

例えば、プログラミングの解説記事は非常にわかりづらい。

今でこそ分かってきましたが専門用語のオンパレードですよね。

ググってもググっても専門用語のオンパレード。

頭のよさそうなプログラマーが、お前はアホだ、みたいな空気が耐えられません。

であれば、専門的な仕事についたり独学やスクールに通いその分野で誰よりもわかりやすい情報を発信したら、濃い情報になりますよね。

そんな濃い情報をYouTubeで発信したらきっとファンが増え始めます。

YouTubeはしんどいが時代をみつつ行動あるのみ


働き方が大きく変動していく日本。

大手企業は早期退職、早期リタイアを相次いで発表しました。

いうまでもなく、これからの産業は多くのAIが活躍していきますよね。

じゃあAIが真似できない仕事って何だろう?

それは「感情を動かす」ことじゃないでしょうか。

YouTubeは「感情を動かすことが出来る」コンテンツだと思っています。

失敗しても良いじゃないですか。

小さな改善をしていきましょう。

最後は数多くの名言を残された偉人、松下幸之助さんの言葉で締めたいと思います。

「こけたら、立ちなはれ。」

というわけで、おしまいです。

スポンサードサーチ

人気記事【第2新卒向け】第二新卒で転職してわかったおすすめサイトと転職エージェント10選

人気記事【国内ではこの4つ】会社員フリーランサーが本気でオススメする「転職特化型プログラミング教室4つ」を比較してみた。

人気記事【評判】退職代行SARABA(サラバ)とは?口コミなどを調査してみたらこんな結果が・・【LINE(ライン)でOK】