UberEats配達に役立つアイテム14選

SEO対策の基本をまとめてみました【初心者向け】

サラリーマン副業

初心者ブロガー「検索で上位表示されないなぁ。なんでだろうなぁ。」

こんな疑問や、SEO対策の概要から基本を知りたい方向けの記事です。

私自身2019年6月からブログを立ち上げて4か月ほどですが狙ったキーワードで1位~4位以内に入ることが出来ました。

まだまだ雑魚ですが、完全初心者がどうやってSEO対策をして順位を上げていったかのか?まとめてみました。

そんな僕も4か月前までは完全初心者でした。

狙ったキーワードで上位表示させたノウハウを公開します。

そもそもSEO対策って何?

スポンサードサーチ

SEO対策が何かというと

Search Engine Optimization

の略でSEO対策とは、検索のキーワードに対して上位に表示させるための対策です。検索エンジン最適化ともいわれています。

なぜSEO対策が必要なのか??

ズバリ、売り上げに直結するからです。

検索順位が1つ違うだけで大きく売り上げが変動します。

例えばSEO順位が1位と2位の差は2倍以上、
また1位と10位では10倍以上差があると言われています。

SEO対策とはGoogle対策である

日本の検索エンジンはYahoo!とGoogleが約90%のシェアを誇っていますのでこの2つの検索エンジンに対してSEO対策ができれば問題ありません。

そして、実はYahoo!はGoogleの検索エンジンを借りているので、GoogleのSEO対策ができれば日本の検索エンジンを対策したことになるのです。

日々進化しているSEO対策、google検索エンジンのアップデートとは?

最近Googleは小手先のテクニックではない、より本質であるかを見ています。

それは何かというと、

Googleはユーザーファーストを掲げている。

これにつきます。

では実際にどのようなアップデートがあって、どう対応していくべきか?

過去の検索エンジンアップデートを確認しながら対策を紹介します。

まずアップデートもたくさんありますが、代表的なものでいうと

  • パンダアップデート
  • ペンギンアップデート
  • 健康アップデート

などがあります。

具体的には下記の通り。

パンダアップデート

パンダアップデートは低品質なコンテンツを上位表示させないためのアップデートです。

  • 専門性であるか?
  • 独自性はあるか?
  • 信頼性はあるか?

より具体性のあるサイトが重視されるようになりました。

例えば、筋トレブログの場合、普段筋トレをしていない人が書いた記事より、筋肉がある普段から筋トレをしている人の記事のほうが読みたいですよね。

また、ただコピーされている記事ではなく、その人独自の見解や解決策があると「なるほど!」となるかと思います。

そして誰が書いているかわからないサイトというのも信頼できないです。プロフィールをみて普段からどんなことをやっているのか?その記事との関連性のあるか?

その人に権威性があるかというのが重要になっています。

ペンギンアップデート

主に低品質なリンクを受けているサイトの順位を下げることを目的としています。

いわゆる低いコンテンツの被リンクを受けていると順位が下がるというものです。

 

健康アップデート

医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので

医療従事者や専門家から提供されたような、より信頼性の高く有益なサイトが上位に表示されるようになりました。

ここまで少し難しい言葉が並んできましたが、

では初心者は具体的にどんなことをやるべきなのか?を掘り下げていきます。

まずSEO対策には大きく分けて3つの施策があります。

  • 内部対策
  • 外部対策
  • コンテンツ策

です。

そしてSEO対策をするなら下記のポイントを改善しましょう。

SEOの内部施策

クローラーが評価されやすいサイト作りでサイト内部に施す施策を言います。

ポイントは

  • クローラーをサイトに呼び込む
  • ターゲットキーワードをタイトルや適切なタグに入れる
  • サイトの速度を上げる

などです。

具体的な施策は別記事で紹介します。

下記のサイトでスピードテストが出来ますので、是非ご自身のサイトで試してみてください。

参考:PageSpeed Insights

SEOの外部施策

外部施策とは外部サイトからのリンク施策をいいます。

初心者は言葉だけ知っているだけで良いでしょう。

  • 被リンク
  • 発リンク

コンテンツ施策

  • 専門性
  • 独自性
  • 信頼性

この3つが備わった良質なコンテンツを作成しましょう。

まずはこの上記3つのポイントを意識して記事を量産です。

最初は書き方が分からないと思いますので記事をたくさん書くことをお勧めします。

そして記事作成が終わったら低品質コンテンツをリライトして低品質コンテンツを減らしていきましょう。

低品質コンテンツと判断する際の2つのポイントは

  • 平均滞在時間が短い
  • キーワードで順位がついていない、圏外にいる

上記をリライトするだけでも結構大変です。

 

SSL化は必須

Googleはサイトの常時SSL化を推奨しています。

また今後はSSL化されていないと低品質コンテンツとしてみなされる可能性があるのでSSL化はやっておくべきです。。

背景にあるユーザーのニーズを理解する必要がある

null
SEO対策においてキーワード選びは非常に重要です。検索キーワードはユーザーのニーズが可視化されたものになります。

初心者のうちからキーワードを狙う癖をつけておくと後々楽です。

ではどのようにキーワードを調査するのかその方法紹介します。

  • ウーバーサジェストを使う
  • キーワードプランナーを使う

サジェスト機能とは、検索ボックスに文字を入れたときに、よく検索されるキーワードを前もって提案してくれる(サジェスト)してくれる機能のことです。


例えば【野菜ジュース】で検索すると上記のようなサジェストが表示されます。

  • 野菜ジュース 効果 → 野菜ジュースの効果が知りたい
  • 野菜ジュース 糖質 → 野菜ジュースの糖質を知りたい
  • 野菜ジュース ダイエット → 野菜ジュースのダイエット法が知りたい
  • 野菜ジュース 栄養 → 野菜ジュースの栄養が知りたい
  • 野菜ジュース レシピ → 野菜ジュースのレシピが知りたい
  • 野菜ジュース カゴメ → カゴメの野菜ジュースが飲みたい
  • 野菜ジュースカロリー → 野菜ジュースのカロリーが知りたい

このキーワードを見て「野菜ジュースを買いたいのか?」「野菜ジュースを作りたいのか?」「野菜ジュースの選び方を知りたいのか?」「野菜ジュースの相場が知りたいのか」などユーザーがどんな情報を知りたいのか、その検索ニーズを網羅しているコンテンツを把握する必要があるわけですね。

キーワードプランナーは特定の検索キーワードの検索ボリュームを調べることが出来ます。

参考:ウーバーサジェスト

参考:キーワードプランナー(Google広告)

月間の想定流入数を算出する


推定ではありますがキーワードプランナーから月間のアクセス数を導き出すことが出来ます。

上記、Internet Marketing Ninjasが調査した、SEOの順位別クリック率です。

1位 21.12%
2位 10.65%
3位 7.75%
4位 4.66%
5位 3.42%
6位 2.56%
7位 2.69%
8位 1.74%
9位 1.74%
10位 1.64%

以上のことから計算式は以下の通りです。

  • 月間流入数×クリック率=月間アクセス数

参考: Internet Marketing Ninjas

まとめ

今回紹介したのは初心者が必ずやるべきSEO対策です。

まとめると、

  • 専門性、独自性、信頼性のある記事を量産してリライトする
  • ウーバーサジェストなどでキーワードを選定する
  • タイトルや見出しにキーワードを入れる

最初は、結果がですやる意味がわからないとおもいますが、4か月ほどすると検索順位が上がり、クリック数も上がります。

初心者だからSEO対策はイイやと思わず、将来の為にもSEO対策について是非考えてみてください。

ユーザーの検索意図を読みとって、キーワードを選んで、コンテンツを作成、検索順位が上がるのは面白いです。

皆さんもぜひ実験感覚でやってみてください。

スポンサードサーチ

人気記事【第2新卒向け】第二新卒で転職してわかったおすすめサイトと転職エージェント10選

人気記事【国内ではこの4つ】会社員フリーランサーが本気でオススメする「転職特化型プログラミング教室4つ」を比較してみた。

人気記事【評判】退職代行SARABA(サラバ)とは?口コミなどを調査してみたらこんな結果が・・【LINE(ライン)でOK】