UberEats配達に役立つアイテム14選

【2020年】初心者がpythonを本気で学習する為のおすすめロードマップ

サラリーマン副業 プログラミング

こんにちは、ひろです。

2020年、プログラミング言語「Python」に注目が集まっています。

PythonはWEB開発やデータ分析等で活躍する言語なんですけど、昨今のAI・機械学習分野の盛り上がりが尋常じゃないようですね。


出典: The Incredible Growth of Python

Pythonだけもの凄い上がり方です。

日本では、まだまだマイナーなプログラミング言語ですが、欧米の影響でメジャー言語になっていくのも時間の問題かと。

ということで、僕は2020年に入ってからPythonの独学を始めました。

現在WEB制作の仕事をしるので、PHPやJavascriptは少し扱えるんですけど、Pythonに関しては全くのゼロからの挑戦です。

そんな僕がどうやって学ぼうかと考えてたんですけど、実は国内にも十分なほどの学習環境が整っているんですね。

この記事では、僕自身・そしてこれからPythonを学びたい人向けに、学習サイトと学習プランをまとめます。

Pythonとは

スポンサードサーチ

Pythonとは何か

Pythonとは、プログラミング言語の中でも比較的少ないコード量で多くの処理を書けることや、機械学習の分野やデータ分析にも活用することができるライブラリが豊富なことがあり、近年人気が上昇している言語です。

Pythonの特徴

Pythonは、上の画像でわかるように2020年に学ぶべきプログラミング言語1位です。

2020年時点では、学習のしやすさ・求人の多さ・今後の需要の成長度合いを考えると、これから学ぶのであればPythonがいいでしょう。

Pythonの特徴としては、以下のようなものがあります。

プログラミング言語Pythonの特徴

  • プログラミング初心者でも学習しやすい。
  • ライブラリが豊富で、いろんなものが簡単に作れる。
  • Pythonの開発案件は豊富で、将来性がある。

Pythonはプログラミング初心者でも学習しやすい。

Pythonはプログラムを書いてすぐに動作を確認できるインタプリタ言語なので、プログラミング初心者の方でもプログラムを動かしながら理解しやすいことが特徴です。

また、近年Pythonの人気が上昇していることやWebサービスの開発にPythonが採用されることが増えていることから、Pythonを動かしながら学ぶことができるオンライン学習サイトや技術書が数多く登場しています。

プログラミング初心者の方にとって入門しやすい環境が整ってきているのは嬉しいですよね。

Pythonはライブラリが豊富で、いろんなものを作れる。

プログラミング言語Pythonはライブラリが豊富で、比較的簡単にいろんな機能を開発することができます。

たとえば、Pythonを利用してWebサービスを開発したいときには、FlaskやDjangoというWebアプリケーションの開発が簡単にできるフレームワークを利用できますし、機械学習の機能を活用したいときにも、GANやChainerといった誰でも無料で利用できる機能が公開されています。

それぞれの開発者は、無料で公開されているライブラリを活用することで、簡単にTwitterのようなSNSサービスや、画像を自動で判定して男性か女性かを判定する機械学習サービスのようなものを開発できます。

案件が豊富で将来性がある。

Pythonは、Webサービスの開発や機械学習サービスの開発や、Webサイトのスクレイピングやデータ分析など、利用用途が幅広いです。

現時点でも幅広い利用用途で多くのPython求人や案件がありますし、機械学習やデータ分析など今後も需要が伸び続ける領域で利用されていることから、これからもPython案件の需要は伸びていくと考えられます。

実際、PythonはYoutubeやInstagramやDropboxといった有名サービスの開発にも利用されており、これからも多くの開発現場で利用されていくでしょう。

Python初心者からの勉強プラン

では、ざっくりとPythonを学ぶためのロードマップを紹介します。

  1. Udemy
  2. Pythonでできることを掴む
    3日〜7日
    約2,000円

  3. Progate
  4. Pythonの基礎を身につける
    1〜3日
    1,080円/月

  5. Paizaラーニング
  6. Pythonの基礎を身につける
    1〜3日
    無料

  7. ]PyQ
  8. 初級〜中級スキルを身につける
    1〜2ヶ月
    2,980円/月

  9. Aidemy
  10. 中級〜上級スキルを身につける
    エンジニアとして就職, 転職を狙う
    1〜2ヶ月一部無料
    165,000円〜/月

  11. 目標:Pythonを使って仕事をする
  12. 計:2〜4ヵ月
    計:30万円前後

こちらのロードマップは、プログラミング未経験からでも、2ヶ月〜4ヶ月ほどでPythonを使った仕事をすることを目指して考えました。

必要経費としては、30万円は見積もっていくと良いかなといった感じです。

上手くいけば、スキル、知見が増え、収入UPも期待できるので、時間やお金は惜しまず使っていきたいところですね。

Pythonの初心者向け学習サイト5つ

では、前項の学習プランで紹介した、初心者向けのPython学習サイトについて、順に詳しく紹介していきます。

Udemy:Pythonでできることを掴もう

Udemy

Udemyは、米国シリコンバレー発のオンライン動画学習サイトです。

Pythonに関連した日本語教材も用意されていて、格安でプログラミング技術を学ぶことができます。

Udemyは、Pythonを本格的に学ぶ前に、一体何ができるのか?を掴むために活用するのがオススメです。

▼例えば、【画像判定AI自作にチャレンジ!】機械学習アプリ開発入門を受講すると、簡単な画像判定アプリを自作できます。

訳も分からず、Pythonに取り組むと一瞬で挫折します。

Python学習には、数学・英語・統計学・機械学習…やら、とにかく拒否反応が起こる要素が詰め込まれているからです汗

なので、まずはPythonでどんなものが作れるのか、何ができるのかをイメージすると良いです。

Udemyではセール時であれば、2,000円程度で1つの教材が購入できます。

技術書を一冊買うよりも安いので、まずはこちらから取り組むのがオススメです。

Udemyを詳しくみる

Progate:Pythonの基礎を身につけよう

progate

Pythonの基礎中の基礎を抑えていくために、一番オススメしたいのはProgateです。

プログラミング学習者なら誰でも知っている、初心者に優しい学習サイトですね!

ProgateのPythonコースでは、ちょっとしたWEBシステムを作りながらPythonの基礎を学べます。

ポップで見やすいスライド形式で学習が進み、環境構築の必要なしに、すぐにコードを書き始められるるのが特徴ですね。

Pythonコースは、最も簡単な「Python Ⅰ」のみ無料で受講できます。

「Python Ⅱ〜Ⅴ」に関しては、月額1,080円の有料会員になる必要があります。

まぁめちゃくちゃ安いので、ここはケチることなく、じっくり基礎を学ぶのがオススメですね。

ちなみに、若干プログラミング経験があるのもあって、僕は1日(5時間ほど)でPythonコースを終えられました。

月額課金制なので、パッと終わらせた後は有料会員を解約しておくことを忘れないようにしてくださいね!

progateを詳しく見る

paizaラーニング:Pythonの基礎を身につけよう(無料)

paizaラーニング

Progateと並んで、基礎中の基礎として役に立つのがPaiza ラーニングです。

こちらは動画ベースでPythonを学んでいくスタイルで、学習範囲はProgateで扱っているものとほぼ同じですね。

paizaラーニングの1番の特徴は、完全無料でPythonの基礎を学べることです (会員登録のみ必要)。

Progateと同じく、初心者でも早々に挫折することなくプログラミングを学べますよ。

Pythonを学ぶ第一歩としては、スライドで学びたいならProgate、動画かつ無料で学びたいならPaizaラーニングがオススメです。

どちらもとにかく初心者に優しい学習サイトですね!

Paizaラーニングを詳しくみる

PyQ:初級〜中級スキルを身につける

PyQ

基礎を身につけたら、より本格的にPythonの初級〜中級スキルを学びます。

この段階でオススメしたいのが、Python学習サイトのPyQです。

ProgateやPaizaラーニングでも学ぶ基礎分野から、機械学習・統計分析・WEBアプリ開発といった、より実務に近い内容まで幅広く学べます。

PyQは基礎の復習の意味も込めて、初めから全ての問題をクリアすることをオススメします。

もの凄いの教材が用意されているんですが、1ヶ月〜2ヶ月ほどガリガリ取り組めば終えられるかと思います。

PyQのすごさは、これだけ充実した教材が揃っていて、月額たった2,980円で利用できることです。

プロに質問ができる7,980円のプランもあるんですが、思ったより質問しないので、ライトプランで問題ないかな。

実際にやってみると、こんなに学べて2,980円!?と感動するレベル。ケチる必要は全くないです。

PyQを詳しくみる

ダラダラ勉強するとそれだけ月額料金がかさむので、会員登録したらざざっと勉強して、サクッと卒業しましょう!

Aidemy:中〜上級スキル、就職・転職を狙うなら

Aidemy

PyQを全てクリアした段階で、ある程度の実務的なスキルは身についています。

その上で、

  • より高度な技術 ( ブロックチェーン、ディープラーニング)を学びたい
  • Pythonエンジニアとして就職・転職を目指したい

…と考える方は、Aidemy Premium Planを活用するのが良いです。

AidemyはPythonやAi学習に特化したプログラミングスクールです。

Pythonを駆使した最先端の技術を学べるのはもちろん、転職相談やメンタリングサポートがついています。

Aidemyでは、プレミアムプランの他にも、月額プラン(1,880円〜)や単品プランも用意されています。

一部の初心者向けコンテンツは無料公開されているので、こちらは登録前に試してみるといいですね!

Aidemy Premium Planは、短期集中の4週間プランでも、20万円近くかかり、決して安い投資ではありません。

しかし、AIエンジニアを目指して、本気で学びたい方には最短距離です。挑戦してみる価値はあるかと。

Aidemyを詳しくみる

せっかくAidemyでハイレベルな内容を学ぶのであれば、お金も勿体なあいので、プレミアムプランでいきましょう!

最後に

夢を持ちすぎないようにしよう

最近プログラミング教室も増えてきて、ポジショントーク的なものが多くなっていると感じます。

今後やってくるのは「AIエンジニアの飽和状態」です。

スキルが高い人は引く手数多ですが、スキルが低い人は何万と取り残された状態になる。

とはいえ、自分がやりたいものは今すぐ行動すべきです。
あなたの後にプログラミングを始める人達に仕事を奪われてしまうリスクもありますからね。

今後必ずやってくる「AIエンジニアの飽和状態」をどう乗り越えるのか?

スキルの一部として考えるのか?
ガッツリ本業にするのか?

乗り越える為の人生設計も考えておきましょう。

スポンサードサーチ

人気記事【第2新卒向け】第二新卒で転職してわかったおすすめサイトと転職エージェント10選

人気記事【国内ではこの4つ】会社員フリーランサーが本気でオススメする「転職特化型プログラミング教室4つ」を比較してみた。

人気記事【評判】退職代行SARABA(サラバ)とは?口コミなどを調査してみたらこんな結果が・・【LINE(ライン)でOK】