UberEats配達に役立つアイテム14選

【正論】ホワイト・ブラック企業の定義とは?残業はあなたの時間を奪っている【脱ブラック企業】

仕事術

こんにちは、ひろです。

ブラック企業とホワイト企業ならホワイト企業に就職したいと誰でも思いますよね。

ホワイト企業の定義について僕なりに纏めてみました。

「ホワイト企業」とは、社員に劣悪な環境での労働を強いる企業を指す「ブラック企業」の対義語。

社員の待遇や福利厚生などが充実し、数ある企業の中でも働きやすさにおいて特に優れている企業、という意味合いで使われる言葉。

就職や転職の際にブラック企業が避けられるのとは対照的に、安心して仕事に打ち込めるホワイト企業は、入社することが好ましいと奨励され、実際に新卒社員の定着率も高いのが特徴です。

「ホワイト企業」とは?

スポンサードサーチ

「離職率が低い」という点が大きなポイントになっているそうです。

働きやすくて、給料もそこそこ貰えたらそりゃ辞めませんよね。

ただ最近では、「好きな事、やりたいこと」の為に、現環境を捨てて転職する人もいるので、退職理由が前向きなのか、後ろ向きなのかというのも一つのポイントになります。

僕は心の底から仕事は「生活費を稼ぐ為」だと思って働いているので、定時で絶対に帰れるというホワイト企業の話を聞いて、福利厚生面含め羨ましいと素直に思いました。

話を聞いていると、中でも友人はこの定時で絶対に帰れるという所に大きく比重があると話していました。

これまでは、朝7時から夜遅くまで働いていた様なのですが、これが一気に定時帰宅になったので最高に幸せとのこと。

給与面などは聞いていないのでその辺りは不明ですが、何を持ってホワイト企業、ブラック企業とするかは個人の裁量によるところも大きいとは思いますが、結局のところ「時間」ではないでしょうか?

  
日々の拘束時間が長い会社は総じてブラック認定しても良いですね。理由は後述で述べますが、定時で帰れるブラック企業なんてあります?

あらゆるブラック要素が絡まり合い、最終的に行き着く先は「超長時間拘束」です。

残業が多い会社はブラック確定

極論を言えば、大した責任もなく、NO残業で、給料も休日もそこそこあり、将来性も安定している会社が「生活費を稼ぐ為に働いている」人にとっては最強でしょう。

まぁそんな所はおそらく存在しないと思うのですが、逆に毎日確実に定時で帰れる会社はホワイト企業率が高いのではないでしょうか。

人間関係を絡ませるとややこしくなるので一旦、人間関係は置いて環境のみで考えていきましょう。

逆に、ブラック企業としての代名詞は

  • 時間外労働
  • 業務量過多
  • あり得ないノルマ
  • 安月給
  • パワハラ、モラハラ
  • 離職率が高い
  • 仕事内容がグレー(ブラック)

などです。

大抵は、どこの企業も程度によるでしょうが、どれか1つくらいは当てはまりそうなものですが、これが1つどころではなく、3つ4つと畳み掛けてきたら完全にアウトです。

あり得ないノルマの為に長時間働き、しかも安月給でオフィスにいればパワハラ、モラハラだと精神がおかしくなって当たり前です。こんなのはブラック認定でOKでしょう。

ブラック企業は時間泥棒

僕の前職では、お昼休憩はなし、残業代もなし、残業は月に50時間ほどという条件の職場で働いていました。

 
これをブラックと取るかどうかは置かれている境遇によってはまだまだホワイト、と取る人もいるでしょうが、普通に考えてブラックです。下を見えればキリがないので不幸時間をしても仕方がありません。

月50時間ほどの残業時間は正直だるいしキツイ。

本来はプライベートな時間であるはずの50時間が会社の為に消えているわけですから。

言い換えれば「お金にならない時間を会社に貢献という形でボランティア」している訳ですからね。

世の中には100時間オーバーでサービス残業している人もザラに存在する事を考えると甘いと声が飛んで来そうですが、果たしてそうでしょうか。

もし、普通に普通じゃね?と思った方は洗脳されている可能性があります。

フラットにシンプルに考えてみて下さい。働いている以上は対価(お金)が発生しないとおかしいのですよ。

個人の能力が余りにも低くて、残業がふえているのであれば本人の問題ですので改善しなくてはなりませんが、もしそうでないのであれば月残業0というのは難しいかも知れませんが、限りなく減らす事は可能なはずです。

朝から終電まで働いたとして、集中力もちませんよ、普通。それが月〜金まで続くと考えたら地獄以外の何者でもありません。

さらに、それが定年まで続くと考えたらそれだけで頭が発狂して禿げ上がってしまいます。

月の残業時間が20時間以内であれば、残業代が付かなくても理解できますが。

しかし現実は60時間以上、80時間以上でも残業代が付かないが40%近くも存在しているという事です。

脱ブラック企業をするには?自分の時間を確保できるかに重きをおくこと

業務量過多もそうですし、あり得ないノルマもそうですが結局、それらをこなしていると自分の時間が減っていくことに繋がります。

つまり、どんどん会社にいる時間、仕事をしている時間が増大していくわけです。

特に現代では、本業一本で家族を養っていくには非常に厳しい世の中になってきています。

それは、平均年収を見れば明らかです。

(出所):国税庁『民間給与実態統計調査結果』参照

若干、増加傾向にあるものの、2000年以前と比べるとその差は明らかに減っており、増加しているという事を実際に体感できている人がどれほど存在するのでしょうか?

私も社会に出て10年ほど経つ訳ですが、昇給など含めても増加してるな、と感じたことは正直なところありません。増えても税金増えますしね。

もちろん、本業一本で家族を養っている人も多くいるわけですが、このご時世大手企業でさえも10年先はどうなるか分からないわけです。

そんな未来へのリスクヘッジとして、副業をスタートさせる社会人が多いのも事実です。

そんな僕もそんな想いからこのブログをスタートさせています。

しかし、会社での拘束時間が長く、日付が変わる頃に帰宅する様な働き方を強いられていると副業もする時間がなくなります。

ブラック企業のループに陥ってしまった場合、副業どころじゃないです。

家族や恋人と過ごす時間すらも奪われている訳ですからもっと危機感を覚えるべきなのです。

実際にブラック企業に就職してしまったせいで「死」に直結してしまうケースも事実として存在しています。にも関わらず残業してなんぼ、残業しないのは甘えという老害が作ったクソ社会のおかげで苦しんでいる人は沢山いるわけなのです。

「人生=時間です」

そして、その時間は有限です。時間を奪われるという事は人生を奪われているのと同義です。

そもそも副業すら禁止という企業も多く存在する意味不明な世の中です。

ここについてはまた改めて掘り下げていきたいのですが、個人を拘束する事でしか会社に繋ぎ止められない様なゴミみたいな会社は消えてしまえと思わざるを得ません。

どれだけ時間(人生)に重きをおいて働くかが脱ブラック企業につながってくるのです。

パワハラ・モラハラ問題も無視できないが戦える時代になってきている

人間関係については正直、人間ですので合う合わないもありますが、度を超えた一言を放つ馬鹿も一定数存在します。

長時間労働で、ただでさえ疲労がたまっているのにグチグチと皮肉を言ってくる上司とかですね。

グチグチ言われるだけならまだしも、「お前消えろ」とか「お前もう辞めろ」とか平気で言っちゃう人たちですね。

仕事って大抵は個人でするものではないです。

組織ですよね?

にも関わらず人格そのものを否定する様な発言をする人も残念ながらいます。

ただ、怒りたいだけの人、個人の好き嫌いでターゲットに対してボロクソに罵倒する人がいるから人が死ぬんですよ。

これで教育だとか言うもんだから笑ってしまいます。

ただ、最近になってようやくコンプライアンスにうるさい企業が増えてきました。

そのおかげで玄関強化においては会社のいいなりではなく「戦える」環境が整ってきているのも事実です。

同じように感じている同僚と共闘して、度を超えたパワハラ上司と戦えるのです。

まとめ:ブラック企業の定義とは?残業時間が多いという事はそれだけ「あなたの時間」が奪われているという事

基本的にはブラックの定義として最終的に行き着く先は、

「拘束時間」だと思います。

同じレベルで「人間関係」も大事ですので外せないポイントにはなりますが、長時間労働とパワハラ・モラハラのダブル攻撃が最強の組み合わせになります。

大切な「人生=時間」をサービス残業という形にで大量に奪われ、更に人格否定までされたら心が折られて当然です。

そこから更に給料も少ない、ノルマに常に追われるなんてしてたら心が休まる時もないですし、「何のために働いてるんだろう」から「何のために生きてるんだろう」という思考になるのも納得してしまいます。

ブラック企業で時間を無駄にしている人は、いち早く早く脱出しましょう。

スポンサードサーチ

人気記事【第2新卒向け】第二新卒で転職してわかったおすすめサイトと転職エージェント10選

人気記事【国内ではこの4つ】会社員フリーランサーが本気でオススメする「転職特化型プログラミング教室4つ」を比較してみた。

人気記事【評判】退職代行SARABA(サラバ)とは?口コミなどを調査してみたらこんな結果が・・【LINE(ライン)でOK】